ごちゃミックス

Read Article

エボラ→アメリカ(米国内)初の感染者容態悪化!

エボラ出血熱日本対策

エボラ出血熱アメリカ米国内)で初となった感染者エリック・トーマス・ダンカンさんの容態が急変した。

リベリア出身のダンカンさんは恋人に会う為に渡米しアメリカ(米国内)でエボラ出血熱に感染している事が発覚した。

エボラ→アメリカ(米国内)初

アメリカ国内でエボラ出血熱に感染した人が発覚したのは今回のエリック・トーマス・ダンカンさんが初のケースとなったが懸命の治療にもかかわらず回復する事はなかった。

アメリカ初エボラ出血熱感染者の容態悪化

リベリア出身のダンカンさんが渡米した理由は恋人と結婚する為だったが、幸せな未来を想像しながら渡米したダンカンさんの思いは無惨にも絶たれた形となった。

恋人であるルイーズ・トローさんら家族も隔離されエボラ出血熱感染の可能性を疑われているが、現在エボラ出血熱感染の可能性は低いようだ。

ただエリック・トーマス・ダンカンさんは米国内路上などで嘔吐する等感染を広げていた可能性もあり注目されていた。

リベリアエボラ出血熱患者隔離施設襲撃事件

報道ではリベリアのエボラ出血熱患者隔離施設が襲撃されたことが記憶にあるがもしかするとこの時の襲撃で逃走したとされるエボラ出血熱患者らの影響があったのかもしれない。

エリック・トーマス・ダンカンさんが接触したと見られる方は100人以上になりアメリカにエボラ出血熱感染が広がらないようさらなる対策がとられている。

日本にもいつやってくるかわからないエボラ出血熱の脅威はこれからなのかもしれない。

【関連】
エボラ患者が逃走!襲撃による悲劇がリベリアではじまった?
WHO緊急事態宣言!エボラ出血熱日本での対策は?レベル5で過去最悪?
エボラ出血熱日本の対策が心配!デング熱との違いとは?

Return Top