ごちゃミックス

Read Article

エボラ出血熱アメリカダラスで看護士に続く二人目感染者発覚!飛行機搭乗で更に拡大か?

エボラ出血熱日本対策

エボラ出血熱アメリカダラスの感染者看護に当たっていた看護士の1人が感染した事が発覚し数日、警察官やさらに別の医療関係者にエボラ出血熱感染が確認された。

しかもそのエボラ出血熱感染者が飛行機に搭乗していた事が判明。
アメリカダラスからエボラ出血熱感染が世界に広がっている。

エボラ出血熱アメリカダラスが危ない!?

アメリカ国内でエボラ出血熱感染者が現れた事で想像以上に早い広がりを見せている事に危機感を感じているWHOは今後の感染を止める事が出来るのだろうか?

看護士に続く二人目は医療関係者

アメリカダラスエボラ出血熱に感染した看護士に続く二人目の感染者が医療関係者という事に大きな衝撃が走っている。

エボラ出血熱の隔離病棟がある病院内で働くスタッフが二人も感染しているとなると隔離しても感染が防げない可能性があると言うことにならないだろうか?

手順のミスがあったと言う報道があるがもしかすると空気感染していることさえ疑われる。。

エボラウィルスが変異する?

現在エボラウィルスの空気感染は無いものとされているが本当の所はわからないという状況があり得る。

エボラ出血熱二人目の感染者発覚!

そんな状況の中エボラ出血熱に感染した医療関係者アメリカダラスで飛行機に搭乗しオハイオ州クリーブランドに移動していた事が発覚し同乗していた132人が更に調査の対象となった。

現在調査は進行中と言うことのようだが米疾病対策センター(CDC)はその対応におわれている。

エボラ出血熱感染者飛行機搭乗で更に拡大か?

エボラ出血熱に感染した女性の医療関係者は搭乗中に嘔吐や出血などの症状は見られなかったとの事だがもし、、空気感染があるとしてら、、そう考えると、、、

現在空気感染は無いといっているが、、

今後その辺りも明らかになるのではないだろうか?

ここまで広がるとアメリカダラスをはじめオハイオ州クリーブランドにを含めしばらくは米国に近づかないほうが賢明と言えそうだ。

【関連】
エボラ出血熱はハワイでも感染するのか?観光客は知らない?
エボラ出血熱日本の対策が心配!デング熱との違いとは?
デング熱の症状!子供の予防対策や潜伏期間〜早期治療など

Return Top