ごちゃミックス

Read Article

WHO緊急事態宣言!エボラ出血熱日本での対策は?レベル5で過去最悪?

eboraWHO緊急事態宣言!エボラ出血熱日本での対策は大丈夫だろうか?ちょとただ事ではなさそうな緊急事態が起きている。アメリカの疾病対策センターが最高警戒「レベル5」を発表した。エボラウイルスが原因で人体の細胞を破壊すると言う極めて死亡率の高い感染症が猛威を振るっている。

エボラ出血熱日本での対策は!?

エボラウイルスが原因でおこるエボラ出血熱が今年2014には入り猛威を振るっている。
ギニアをはじめ西アフリカで感染が過去に無いレベルで広がっているからだ。

他国のことと言っていられるのはもしかすると今のうちだけ?

WHO緊急事態宣言!

WHOは事態の深刻さから緊急事態宣言!

過去にもエボラ出血熱は話題となり幾度となく取り上げられて来たが今回のWHOの発表は衝撃的と言わざる終えない。

これは感染が止められない状況になった時に発表される内容のようだ。

「レベル5」と言うランク付けされた今回のエボラ出血熱で日本絵の影響はあるのだろうか?

エボラ出血熱レベル5で過去最悪の事態?

現在エボラウイルスが原因で発病するエボラ出血熱に効果的な特効薬は無い。

エボラウイルスの感染力は強いが基本的に空気感染をしない、患者の血液、分泌物、排泄物や唾液などの飛沫が感染源となる。感染したときの致死率は50 – 90%と非常に高い(要約wikipedia)

現時点で感染している地域での有効な対策が打てずにただ沈静化するのを待つだけのような状態だ。。

現地でエボラウイルスと戦っていた米国の医師が感染したことは大きな話題となり、また感染医師を米国政府は厳戒態勢のなか帰国させて話題となった。

エボラ感染の米医師未承認薬を投与し奇跡的に回復したと言うことがニュースとなっている。

この薬は未認証のため誰でも手に入れることが出来る訳ではなく日本で使用することは原則出来ない。仮に日本でもしエボラウイルスが広まった時は最悪の事態となる。。

今後我々は事態を見守るしか出来無いのかもしれない。

Return Top