ごちゃミックス

Read Article

アイスバケツチャレンジ誰がはじめた?2回指名有?終わりは?

ice

photo  rpavich via photopin cc

アイスバケツチャレンジが話題になって海外セレブから広まり日本の芸能界にもその波がやってきた。この「アイスバケツチャレンジ」は一体誰がはじめたのか?2回目の指名を受けたらどうなるのか?終わりは?ルールは?

アイスバケツチャレンジ誰がはじめた?

アイス・バケツ・チャレンジ」は野球選手だったピート・フレーツ氏(29歳)がALS(筋委縮性側策硬化症)と診断されたことからはじまった。

難病で認知度が低かった事から多くの人に知ってもらいたいと言う願いをこめてピート・フレーツ氏の家族が考えたとされている

アイスバケツチャレンジ」のルール

アイス・バケツ・チャレンジ」はALS(筋委縮性側策硬化症)の認知度をあげる為とALS研究のための資金を集めることが本来の目的である。

ピート・フレーツ氏の家族らが考案した「アイスバケツチャレンジ」は著名人がチャレンジした事により瞬く間に広まった。

ルールは指名を受けたものはALS協会に100ドル寄付するか氷水を被るかを選択し(両方可)3人を指名出来る。また24時間以内にチャレンジするかどうか決めると言うのがルールとなっているようだ。

アイスバケツチャレンジ2回指名有?

ルールを見る限り2回目の指名を受けた場合等のことは特に触れられていない。

と言うことは!?

無限連鎖的に?広まって行く可能性もあり、、、

2回目の指名を受けた時点でその人は既にALS(筋委縮性側策硬化症)は知っているので認知度を上げると言う意味ではもういいのではないだろうか?(別の3人を指名すればそれはそれで広まるかもしれないが、、)

ただALS研究のための資金集め?となるとコチラはいくらでもいいと言うことになる。

サイバーエージェントの藤田晋社長はホリエモンから指名を受けたが氷水を被らず寄付を選んだ。 なんともクールな対応である。

氷水を被るかどうか?やチャレンジするかどうかは本人次第といった所のようだ。

アイスバケツチャレンジ終わりは?

アイスバケツチャレンジ」に終わりはあるのだろうか?

ようするに指名されたからと言って必ずチャレンジしなければいけない訳でもなく有る程度の広まりが済めば自然と「アイスバケツチャレンジ」も終わりを迎えると考えられる。

芸能界や著名人などから一般に広まる事を考えればまだまだ「アイスバケツチャレンジ」は続きそうだ。

あなたの所にはもう回ってきたでしょうか?

【関連】
ネイマール氷水でスニガと和解?アイスバケツチャレンジって何?
アイスバケツチャレンジ問題点と終わらせる方法!指名時対処法

Return Top