ごちゃミックス

Read Article

理研笹井芳樹氏【訃報】残された小保方氏は?負の連鎖がはじまった?

小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する (OR books)

理研笹井芳樹氏【訃報】との報道があった。理化学研究所でSTAP細胞論文の責任著者で論文取り下げ後もそのSTAP細胞の存在がるとしていた笹井芳樹氏が自らの命を断った。

小保方氏の研究を証明する為にも必要な人材の1人であるに違いない笹井芳樹氏の決断は今後のSTAP細胞研究検証にどのような影響を及ぼすのだろうか?

理研笹井芳樹氏【訃報】

STAP細胞研究は世界に大きな衝撃を与えたが今回の件で理研笹井芳樹氏がとった行動はSTAP細胞研究に一体何を残したのだろうか?

事件後に残されたと言うメッセージの内容はいったい?

もしこのままSTAP細胞研究検証実験が幕引きとなればあまりにも納得のできない内容となりそうだ。。

笹井芳樹氏の決断なぜ?

なぜなら笹井芳樹氏STAP細胞の論文を取り下げた後もその存在はあるものと語っていたからだ。これからまさに理研が一丸となってそのSTAP細胞の存在を証明しようという矢先の出来事。

関係者らの声として報道で伝わる内容は皆「信じられない」という言葉だ。

こんなことはあまり考えたくはないが笹井芳樹氏は本当に自らその決断を下したのだろうか?

ご存知の通りSTAP細胞研究が進みその存在が証明されて運用出来るようになると大きな利権が絡んでくる。

個人的な見解だが「人類は不死身」となる時代が来るかもしれないと思わせるような研究だったのではないだろうか?

機能しなくなった臓器等を替えることさえ可能になりいずれすべてのパーツを替えられる?そんな時代が来るかもしれないと言う研究に繋がるはずではないだろうか?

事実は小説より奇なり?

事実はこれから明らかになるとは思うが、、
このことをきっかけに負の連鎖がはじまらなければいいが、、

なんと言ってももの凄い利権が絡んでいるからその行末が気になる。

今回のことは誠に残念だが、、 ことの真相が明らかになるまで見守りたい。

Return Top