ごちゃミックス

Read Article

ウィリアムズ氏アルコール依存症ではなかった!と夫人公表へ

ロビン・ウィリアムズ氏夫人スーザン・シュナイダーさんが彼の病を公表!メディアで取り上げられているアルコール依存症ではなく「初期のパーキンソン病」であることを発表した。

度重なる報道やファンからの励ましの言葉をうけて公表に踏み切った「初期のパーキンソン病」とは?

ウィリアムズ氏アルコール依存症?

ロビン・ウィリアムズ氏の今回の件で多くのファンが肩を落としたがその彼が過ちに踏み切った経緯が、、

アルコール依存症ではないのか? 薬物の影響ではないか?

との憶測が広まりロビン・ウィリアムズ氏夫人スーザン・シュナイダーさんが誤解を解く形で公表したようだ。

そもそもアルコール依存症と言われていたのはロビン・ウィリアムズ氏が過去に2度アルコール依存症と戦って来たことがあるからだ。

夫人スーザン・シュナイダーさん公表へ

夫人スーザン・シュナイダーさんが公表したロビン・ウィリアムズ氏の病は「初期のパーキンソン病」だった。

パーキンソン病とは?

脳内のドーパミン不足とアセチルコリンの相対的増加とを病態とし、錐体外路系徴候(錐体外路症状)を示す進行性の疾患である。 wikipedia

徐々に進行して行く病であり現在有効な治療法がないとされているそうです。

しかし放っておくことをせず治療すれば進行を遅らせることはできるため初期の段階から専門医に看てもらうことが大切な病です。

つまり夫人スーザン・シュナイダーさんが公表したと言うことは既に専門医に看てもらっていた可能性が見えてきます。

公表でも「初期のパーキンソン病」だった。

と公言していることからもほぼ間違いないのではないでしょうか?

初期パーキンソン病の症状とは?

初期症状として見られるのが振戦(ふるえ)です。
何もしていない時に手や足、頭などに振戦(ふるえ)が出るためアルコール依存症と似ている部分もある為そのように報道されていたのかもしれません。

また足がすくみ歩行障害になることもある病です。

その他にも筋肉がこわばり動作が遅くなることからもやはりリハビリで進行を遅らせることが必要になってきます。

さらに病が進行するとうつ症状が現れ思わぬ行動を起こす場合もあり今回のロビン・ウィリアムズ氏のケースがこれにあたったのではないかとのことです。

数多くの作品に出演しそのコミカルな演技や彼の存在感は作品にも現れ多くのファンの心をつかんでいただけに今回の件は残念で仕方がありません。

でも1番肩を落としているのは夫人スーザン・シュナイダーさんなのではないでしょうか。。

Return Top