ごちゃミックス

Read Article

重田光時タイ代理出産→韓国→インド?スーパービッグダディ計画?

重田光時氏タイ代理出産で物議を醸しているが1000人を越える子供を作る計画がありタイでの代理出産の他、韓国代理出産やインド代理出産など複数の国で代理出産を検討している事が話題となっている。

重田光時タイ代理出産→韓国→インド?

重田光時氏がタイ代理出産の他にも他国で代理出産を検討している事に現実味が出て来た。1000人を代理出産で作るとなると恐らくタイだけではないだろうと考えるのが自然である。

確かにタイにおける代理出産は費用面で他国に比べるとかなり抑える事が出来る。

韓国代理出産の噂!

韓国での代理出産の噂もあるが世界で代理出産が認められている(盛んに行われている)所がどこなのか?知りたいと言う人もいるだろう。。

世界の代理出産事情

米国の一部の州ではカリフォルニア州ネバダ州があり、他にもインドイギリス等代理出産を容認している国もある。

日本では倫理的な問題から事実上代理出産は禁止されているとのことだが、、

他国に行き法的な問題さえクリアすれば代理出産は可能だ。

国をまたぐため倫理的な事を言い始めると議論がまとまる事など無いのかもしれない。それぞれの文化や習慣、宗教的なことや個々の事情を考慮する事も難しいからだ。

代理出産は不妊治療で悩む方の希望?

世の中には健康上の問題から不妊治療に悩み代理出産を考える方も多いが、この場合は多くの人が容認してくれそうな状況に思う、、

しかし1000人の子供を代理出産するとなると見方は大きく変わる。

「異常だ!?」とか?「狂っている?」などの声も聞こえてくる。

「では何人までだったらOKなのか?」と1000人の子を望む人にとっては批判する人に聞いてみたい事なのかもしれない。

重田光時氏とされる人物が代理出産で1000人の子供を望む事の意味が「相続税対策」だと言われようとも本人が1000人の子供を望むなら止める事は出来ないのではないだろうか?。

日本人では子宝に恵まれタレントになった有名人「ビッグダディ」がいる。

はじめの頃は周囲からの批判も多かったようだが子供達の成長をテレビで見せる事によって批判から応援する声に変わっていた。

彼は多くの子供を望んでそうなった。。

多くの子供を望んでいると言う意味では重田光時氏も同じなのかもしれない。

豊富な資金を活かして生まれて来た子供達や代理母となった女性が平和に暮らしている様を多くの人に伝えることが出来れば「異常だ!?」「狂っている?」と言う見方も変わるはずである。

代理出産の一番の問題はその出産にかかわった人達が不幸になる事だ。

生まれてくる子供や代理母を含めすべての人が日々笑顔で過ごせるのなら代理出産は、すばらしいことだと言えるようになるのではないだろうか?

スーパービッグダディ計画?

 重田光時氏とされる人物は現在24歳と報道があるがどこまで彼は考えているのか?タイ警察が行うであろう事情聴衆でその辺りも明らかになるだろう。

既に生まれたきた子供達やそれらにかかわった人達の幸せを世間に重田光時氏は伝えることが出来れば「スーパービッグダディ」となれるのかもしれない。

誰1人不幸にならなければ1000人の代理出産は大きな意味を持つ。

また不妊治療に悩む方にとって代理出産は1つの希望でもあり無くなることがないよう願う人も少なくない。

今回の事で代理出産や不妊治療に悩む方にとっても大きなターニングポイントを向かえたのではないだろうか?

【関連】「タイ代理出産!事情聴取の内容とは?重田光時氏?バンコク空港着

Return Top