ごちゃミックス

Read Article

タイ代理出産の日本人男性は誰なのか?名前発覚→重田光時氏とは?

子供

タイ代理出産の日本人男性が誰なのか?とタイの代理出産に関係している人が日本人で大手企業の御曹司ではないかとの見方が強まっている。名前が発覚したのは?重田光時氏と言う24歳の青年だがその人物像が見えて来た。

タイ代理出産の日本人男性は誰なのか?

タイで行われている代理出産のことをご存知だろうか?代理出産の意味やその取り巻きの状況が今回の件で物議を醸している。

代理出産のイメージは不妊に悩む人達がやむを得ず健康な人の力を借りて出産に協力してもらうと言うことだと認識していたが今回の件で、それだけではないと言うことがわかった。

タイ代理出産は相続税対策!?

タイ地元メディアでは9人の子供(男6女3)が代理出産で生まれ、バンコク中心部のコンドミニアムで暮らしていたことが発覚した。

不振に思った近隣住人が通報したことから人身売買の疑いがあるのではないかと、タイ警察が捜査に乗り出した。

名前発覚→重田光時氏とは?

捜査の過程で浮上して来た名前が「Shigeta Mitsutoki」と言う名前だ。年齢も24歳と若い青年と言うことから相応の人物として光通信御曹司 重田光時氏がその人物ではないのか?と話題になっている。

一連の経緯を追うと9人の子供がコンドミニアムで見つかったが既に3人程連れ出され出国しているとの情報もある。

代理出産を依頼する金額等も考えると数千万円は費用として必要だ。

また警察当局が踏み込んだ時には既に「Shigeta Mitsutoki」と言う人物は居らず専用ジェットで出国していると言うことを考えるとかなりの富豪であると言えそうだ。

色々な条件を照らし合わせるとその辺にいる若者ではないことがわかる。

相続税対策ではないかとの?

見方があるがもしそうだとすればどのような心境で24歳の青年は代理出産を依頼したのか想像しにくい、、

依頼する本人は理にかなった依頼であると考えているのだろう。

さらに子孫1000人の計画が明らかに!?

また驚くことに毎年10~15人の子供を増やし1000人の子孫を残すと言う計画すらあったと言うのだ!(もしかしてまだ継続中!?)

しかし1000人もの子供を作る計画はあながち噂だけではないようだが、、

何も知らずに生まれて来た子供達は幸せになれるのだろうか?

今後に注目が集まりそうだ。
重田光時!現代の将軍?写真画像有タイ代理出産で1000人の子孫計画

Return Top