ごちゃミックス

Read Article

長友佑都が悔し涙を会見で見せた!本当に悔しそうでもらい泣きした

ワールドカップ日本代表の全試合がコロンビア戦に敗退した事で終わりを迎えた。選手に取って4年に1度のワールドカップで勝利し勝ち進むことは悲願でもある。

日本代表選手の中でも常に高いパフォーマンスを見せてくれた男はコロンビア戦後無言のままだった。

長友佑都が悔し涙!

運命のコロンビア戦は日本チームにとって勝たなければ次が無いと言う試合となった。結果終わってみるとギリシャがコートジボワールに勝利したこともあるが、

コロンビア戦に勝利すれば日本チームは次に進む事が出来た試合だった。

しかし試合結果は1-4ととても勝利出来る内容ではなかった。

誰よりもピッチを走った男 長友佑都

コロンビア戦においてもそうだが長友佑都選手が走った距離は11キロを越える両チームトップの走行距離となった。

長友佑都選手は常に日本チームの中で誰よりもピッチを走り回っている。

それは攻守に渡り長友佑都選手が日本を勝利に結びつけるキーマンでもあるからだ。
本人もわかっていたに違いない。

そして誰よりもこの4年間ピッチを走り続けて来た。

コロンビア戦後彼はピッチに倒れしばらく立ち上がれなかった。

試合後長友佑都ブログで語る!

みなさん応援ありがとうございました。
試合後、頭が真っ白で話すことが出来ず、少しの時間がたって落ち着いた今、みなさんに自分の思いを伝えたいと思います。
自分の中にある一番大きな気持ちは、本当に申し訳ない気持ちです。
すべての批判を受け止めます。僕はチームの勝利に貢献することができませんでした。
応援して下さった人、僕を支えてくれる人、批判してくれる人たちすべてに感謝して、これからも成長しなくてはらないと思っています。

長友佑都

長友佑都会見で男泣き

試合後の記者会見で長友佑都選手は4年間を振り返り言葉に詰まらせ「ちょっとはずれていいですか?すいません。」と言葉にして席をたった。

席を外した彼は溢れ出る涙を抑えきれなかった。

本当に悔しかったんだろう。

もはや言葉は出てこない。。。

誰よりも必死で走り勝利する事が悲願だったワールドカップ。
2014年彼のワールドカップはあまりにもあっけなく幕をとじた。

この会見を見た時にもらい泣きしたかたも多いのではないだろうか?

普段スクリーンでみる彼はとてもユニークで面白い。

インテルに移籍した時もチームメイトと○○トークを連発して少しでもコミュニケーションをとりチームの一員として迎えられるよう努力したと語り、

今やチームには無くてはならない存在となった。

長友佑都努力の人なのである。

試合には敗れたが下を向いている長友佑都は魅力的ではない。

ユニークで面白い長友佑都が1日も早く帰ってくる事を待ち望んでいる。

本当にたくさんの感動をありがとう!

world-cupおすすめ記事

Return Top