ごちゃミックス

Read Article

コスタリカ戦!日本前半に失点0-1となるも後半3-1と逆転!?

日本男児

国際親善試合で臨むコスタリカ戦!本日キックオフとなりました。前半終了で日本は失点して0-1でコスタリカにリードを許しています。

コスタリカ戦!日本前半に失点

前半は日本代表が何度もいい形でチャンスを作るシーンがありましたが、なんと言っても決めきれず本田圭介がゴール前でキーパーと一対一になるシーンもあったがディフェンダーに阻まれシュートを打てませんでした。

ボール支配率で日本圧倒的するも決めきれず!

すると相手FWのルイスが少ないチャンスの中パスを受けて日本ゴールにシュート!

川島反応するもコスタリカFWのルイスが見事にシュートを決められた。

コスタリカ先制の「0-1」

遠藤が後半に飛び出しゴール

後半から出場した遠藤がコスタリカゴールネットを揺らした!

後半15分本田圭介からゴール前で絶妙のパスが出た。

本田→内田にパスが出てスルーした所を遠藤がシュートしゴールを決めてくれた。

後半は日本選手はスタミナ切れなのか前半に見られた動きの良さがあまり感じられない。
後半23分にはコスタリカが日本ゴールに迫りほとんどフリーの形でルイスにヘディングシュートをされるも幸運にゴールキーパー川島の正面となった。

 アメリカでおこなわれたコスタリカ戦の試合と言うこともあり画面から伝わる選手の汗は半端ではない! 後半戦はかなりの消耗が選手に感じられるが

後半35分!香川真司がゴール!

日本の要!香川真司がゴールを決めて「2-1」とリードを奪う!

後半長友佑都がピッチに入りリズムが出て来たように思うこのまま日本勝利となるか?

後半も残り時間がわずかとなりロスタイムに柿谷曜一朗選手が得点し「3-1」とコスタリカをくだした。

これでワールドカップ本戦に向けてはずみがついたのではないだろうか?

日本がんばれ!応援しています。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top